わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保法制反対の運動に「攻められたら無抵抗で死ねというわけ?」を情弱少数派にするために
安保法制反対のtweetに対し、「『なぁ、敵が攻めてきたらどうんすんだ?テロがおきたらどうすんだ?あ?俺らに真っ先に死ねっていうのか?戦争放棄掲げてれば、みんな死ななくてすむんか?あ?』って問いただしたい」というリプライがある。
当然ながら、「日本にも当然、個別的自衛権がありますよ?」であっという間に論破。なのだけれど。

こういう人の頭の中では次の二項対立になっている。
1.米軍と自衛隊の一体化と集団的自衛権、がちがちの軍事対応で安全保障、か、
2.即時自衛隊廃棄、米軍撤退、自衛権放棄で一切の軍事対応の否定、か。

こういう風にしてしまうと、そりゃあ1が正しいに決まっている。

だから、上記の「あっという間に論破。」の認識は躊躇なく世間に広げるべき。
実はかなり多数の国民が、上記2項対立的認識になっているし、それに疑問を持っていない。

旧来の護憲派に特に言いたい。この論点で言いよどまないでほしですね。
スポンサーサイト
明日の志位さんの大胆な呼びかけを期待する
明日は志位委員長の講演がある。
安倍内閣に代わり解釈改憲を撤回させる政府を樹立する、あるいはその具体化のための法案を成立させないための最大限の共闘を呼び掛ける、これまでの延長線上ではない大胆な呼びかけを心より期待したい。
日本の積み上げてきた強みを台無しにしないために
今回の閣議決定は、法制化を通して実際の行動のレベルに降りてくるのか、あるいはそれすらも踏み越えて政府の権限でどこにでも派兵してしまうのかはまだわからない。
だが、日本はまだ他国の人を軍隊によって傷つけたり殺したりしていない。戦後ゼロなのだ。この驚くべき実績を持つ国があるという非対称性が、いかに国際社会の平和に貢献することか。
僕はこういう日本に誇りを持ってきた。日本に誇りを持つからこそ、狭い日本人だけの「安全」だけを説明に使って自衛隊を出して戦闘を行うことを「国民のため」と国民に押しつけ、それだけを国家の目的としようとする安倍政権のやりかたに反対する。

あえて言えば、日本は殺し殺される国ではある。日本が侵略を受け、日本民族の自由が踏みにじられた場合には、日本の主権を守るために殺し殺されることはあるだろう。だが、今の集団的自衛権の容認論は違う。侵略も受けていないのに、日本が海外で殺し殺される国になるということだ。

ずっと安倍首相が言い抜けてきた言い分、「戦闘を目的として自衛隊を派遣することはない」というセリフ。本当に卑怯だと思う。要するに、「機雷掃海のために」あるいは、「テロの防止のために」自衛隊を派遣するのだから、その結果戦闘になっても知らないよ。ということだ。
安倍首相の言い分は以下のように理解されるべきだ。「戦闘に結果する形で自衛隊を派遣したいのだ」、そして、海外で殺し殺される「世間並みの」自衛隊にしたいのだと。
編集長福島原発を見る
編集長が福島での「音楽の集い」主催のため福島入り。福島原発をその目で見てきた
福島の農民連の皆さんとの交流の様子が記されている。交流相手の方は、農業ができなくなった南相馬市の土地にソーラーパネルを設置しているそうだ。土地を確保し、何十年先だろうがいつか帰る。という意思表示だそうだ。いい話だなぁ。
被疑者が逃亡・・マスコミになぜ冷静な視点がないのか
凶悪事件の容疑者が逃亡したという。
周囲の学校等は事態の重大性にかんがみ、集団下校等の措置を取っている。また、お母さんたちは子どもを家から出さないようにしている。戸締りをいつもよりも厳重にする必要もあるだろう。じゅうぶん気を付ける必要がある。それは間違いないことだ。
だが、マスコミの報道には違和感がある。逃亡した人物はあくまでも被疑者である。いかなる凶悪事件であったとしても被疑者に過ぎない。推定無罪の視点を持ってことにあたるのが民主社会の作法というものだ。
日本のテレビニュースの泰斗であるべき「ニュース9」では、一切この作法を無視したニュースの作りに終始した。

住民が全力で危機から身を守ろうとするのは当然だ。不安に身を震わせる住民の姿を報道することも重要だ。注意を呼びかけることも必要なことだ。だが、日本社会をリードする報道機関がその観点だけで動いていいのか? 

民主社会を守るための知恵をマスコミは忘れ去ってしまった。経済原理と「安全安心」の原則にすべてをゆだねる。民主社会はそれを守ろうとする努力を必要とする。長い戦後の社会に慣れきって平和ボケをした日本社会はすでに、民主主義を捨て去ろうとしているのかもしれない。


プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。