わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与党得票率は51%(2005総選挙票数の検討)
与党得票率の伸びは実はわずか1.7%ですね。
・・・
与党議席占有率の伸びは11.7%ですので、自民党圧勝・郵政民営化への熱狂的支持の印象が強いです。確かに選挙結果に大きな影響を与えた強い旋風があったのは間違いないでしょう。そこから、もはや自民党の掲げる新自由主義的な「改革」への支持が圧倒的多数の有権者の熱望となったという見方が一方にあります。ところが、票数を虚心坦懐に眺めれば、異なる印象が得られそうです。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

最も身近にあった「改革」を選んだ国民
予想を遙かに上回る自民党の勝利である。この結果は国民の中にある改革への指向(フラストレーション)がいかに大きいかを改めて示した。有権者はすぐ手の届くところにあった「改革」に票を投じた。「ファシズムだ」とか「小泉独裁政権成立か」などと少しあわててしまったが、少し考えてみるとそこまではいえない要因はある。
・・・なにはさておき
今回の選挙で国民が選んだのは、以前のエントリーで述べたように、「竹中流・あしたの経済学型の改革」であり、「小泉流・八つ当たり型改革」であった。これを国民の側から表現すると、「なぜ「改革」を選ぶかだって? そこにあったからだよ」ということでしょうか。だからこれを「山男流・そこにあったから改革」とでも名付けましょうかね。
[READ MORE...]
構造改革もいろいろ(方向性を問わない危うさ)
ひきつづく不況と生活不安、財政危機。確かに構造改革が必要である。でも「構造改革もいろいろ」。何でもいいやと郵政民営化ではゆくゆく困らないのだろうか。この構造改革はどういうたぐいのものかをよく見定めないといけない。自分の見るところ郵政民営化は、「竹中流・「あしたの経済学」型の改革」であり、そこに少し「小泉流・八つ当たり型改革」が混じっている(だから的はずれになっている面がある)。

[READ MORE...]

テーマ:2005総選挙 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。